草庵の「いおり」へようこそ

咲希と行く『しまなみ海道・大三島美術館』 ≪大三島編≫(^_^)

咲希と行く『しまなみ海道・大三島美術館』 ≪大三島編≫(^_^)


『二人でお出かけするんやろか・・ 咲希はまたお留守番?・・』 
前の晩、オットォとオッカァが服やら何やらとバッグに詰めて旅支度 

朝になったら、今度は咲希の“お出かけバッグ”にもおやつやら食器やらおもちゃやら・・ 
『咲希も一緒に行けるんやね!』\(^o^)/ 

『ンで、何処に行くのン?』 
 「大三島の美術館に行くんやで 
昔は “村上水軍” の本拠地の一つやったとこなんやで」 
『フゥ~ん・・』

大三島美術館

大三島美術館にはオッカァの絵も収蔵していただいてるんやけど 
お世話になった先生がたの展覧会が開かれてるねん  
オッカァは「絶対に行く!」って宣言しててん(^_^)
 

体調の戻ってきた“晴れ男”のオットォ 
お天気は上々(^o^)

オッカァは大三島美術館 
オットォは“大山祇神社”と“鶴姫伝説”に想いを馳せて 
咲希はようわからんけど一緒に行けて嬉しい~!(^^;)

それぞれの思いを乗せてしゅっぱ~つ!
のんびり、ゆったり、一路“しまなみ海道”へ 

橋が見えてきた! 『オットォ、窓開けて~』 いいお天気(^_^)

瀬戸の島々や橋が見えてきた!

景色を見るのが大好きな咲希 
『オットォ、窓開けて~』 
 『オットォ、寒くなった~!』(^^;) 

大三島美術館は“大山祇神社”の真ん前に 

「ちょっと待っててな」
咲希は車の中でお留守番
 
大三島美術館 大三島美術館

≪竹内浩一・村田茂樹 ~"二人が見つめたもの"≫という企画展
 
オッカァはこの展覧会に少し関りがあって 
とても丁寧に見入って・・心なしか目元をぬぐってるような・・ 

観覧のあと、オッカァは学芸員のかたと談笑 
咲希とオットォは一足お先に“大山祇神社”の先乗り下調べ(^_^)
 
大山祇神社 大山祇神社 大山祇神社 大山祇神社

けど・・ご用を済ませてきたオッカァ 
「ちょっと待っててな」 
 『また~・・』(T_T) 

さぁ!オットォ憧れの“鶴姫”様の元へ! 

すっかり整備された境内 
本殿に拝殿 ご神木の楠に宝篋印塔・・ 
新しい建物もあるけど日本総鎮守の荘厳な佇まい(^_^)
 
大山祇神社 大山祇神社 大山祇神社

宝物館には朝廷や武将から奉納された武具や甲冑などが展示 
国宝・重文の甲冑の4割がここに収蔵されてるんやて 

もちろん!≪紺糸裾素懸威胴丸―「伝・鶴姫所用の鎧」≫も重要文化財 

オットォ、“鶴姫”サマにも会えたし、太刀や甲冑の世界に浸りっきり(^_^)
 
大山祇神社パンフより

「さぁ咲希、これからフェリーに乗ってお宿に行くよ」 
咲希の旅日記はこれからが本番(^o^)

コメント


認証コード7434

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional