草庵の「いおり」へようこそ

≪梅トリュフ≫進化論 

≪梅トリュフ≫進化論 

えらい大胆にまぶしてるわ
チョコを湯せんしながら
いよいよお抹茶まぶし
茶団子みたい


「キッチン空いた?」 

オットォがハムの仕込みを終えたんで 
オッカァが久しぶりに梅トリュフを作るんやて 

今度のハムに初めて≪山椒≫を入れてみたオットォ 
「トリュフを抹茶味にしたらどうやろ?」 

いつもはココアをまぶすんやけど 
こないだ、≪埋文研≫(埋蔵文化食財研究所)の調査で冷蔵庫からお抹茶の缶が発掘されてん(^_^) 

「レア物やから、どうなんやろ?・・ けど、使わんかったらもったいないしね」 
ってことで、梅トリュフ・ニューバージョンにトライ(^o^) 

チョコを湯せんしながら生クリーム・梅ペースト・梅微塵切りを混ぜて 
冷蔵庫で冷やしてま~るく成形 
ここまでは手順は同じ 

さぁ、いよいよお抹茶まぶし 

「早う使うてしもた方がええか!」
オッカァ、えらい大胆にまぶしてるわ(^o^) 

「どれどれ」 
オットォがノソノソ 咲希もつられてノソノソ(^_^) 

「苦ぁ~!」(*_*) 
 「やっぱりお抹茶が多すぎたんかなぁ・・」 
けど、すぐに「ワォ~~!」(^o^) 

お茶の苦みにチョコの甘さが追いついてきて、そこに梅の香も参加 
「美味しい~~~!」\(^o^)/

一晩寝かせたら、お抹茶の粉がしっとりして茶団子みたいな色に 
味も落ち着いて、苦みもまろやかに(^_^) 

「これなら≪燻パ≫にも新バージョンで使えるね」 

その前に≪お毒見評議会≫で意見集約やね(^_^)

コメント


認証コード0418

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional