草庵の「いおり」へようこそ

お別れとちゃうで 

お別れとちゃうで 


「シャガを持ってまた会いに来るしな」

咲希とオットォたちは吉野に行ってきてん 

突然届いたSオヂチャンの訃報 

Sオヂチャンは以前オットォが勤めてた会社の仲間 
オットォよりずっと年下なんやけど30年以上のお付き合い 
絶対信頼の≪心友≫やねん  

会社のこと、政治、社会、宗教、文学、芸術に人生 
朝まで語り合ったことも何度も・・(^_^) 

年に1~2回は遊びに来てくれはって、オットォはホントに楽しそうにしててん

オットォはいつも言うてたわ 
「アイツは≪痛み≫を持ってるから他人の≪痛み≫がわかるし、≪義≫もわかってるんや」 

朝まで残ってた雨もあがって道中は陽射しが燦燦 

初めて行くSオヂチャンのお家 
オバチャンがお出迎えしてくれてはった

「お名前は?」 
 『咲希です オヂチャンにはいつもかわいがってもらってました』 

お部屋に入ると、いつものオヂチャンの笑顔の写真が
「今日もええ顔してるな」(^_^) 

昨日まで哭くだけ哭いたオットォ 
今日はお別れに来たんとちゃうで、会いに来たんやで」 

Sオヂチャンの姿は見えなくても会えてるんやて 

「山椒ソーセージ持ってきたで まだ食べてなかったやろ?」 
儀式は嫌いなオットォ、いつも通り(^^;) 
今年のお味噌や燻製醤油も≪お土産≫に 

オットォはオバチャンのことを心配してたんやけど 
小っちゃなお孫ちゃんたちが来てくれるからまずは一安心(^_^) 

オットォにとって≪友の家族≫は自分の家族同然やねんて 

≪シャガ≫の花が大好きやったオヂチャン
オッカァはいつもお庭のシャガを飾って待ってたなぁ(^_^) 
来年の春にはシャガを持ってまた会いに来るしな」 

けど、その前に≪春の燻遊会≫に新メンバーの参加があるかも(^o^) 


あれだけ晴れてたお空が京都に近づくにつれてどんより 
お家に着いた途端に降り出した 

「アイツ・・待っててくれたんやろか?・・」 
オットォが雨の嫌いなんも知ってはるしなぁ 

オバチャンの顔をみてちょっと安心したみたいやけど 
「やっぱり寂しいなぁ・・」 

コメント


認証コード8103

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional