草庵の「いおり」へようこそ

咲希、復活~!\(^o^)/

咲希、復活~!\(^o^)/


咲希マーク・肛門腺絞り

4日は咲希がお家の子になって5年目の記念日・・やってんけど 
ここんとこ、咲希はブルーやってん(+_+)
 
今度はどこに行くの? ここでずっと暮らしていいの?

食欲もあんまり無いし、アレルギーからか身体は痒くなるし皮膚炎も酷くなってる(T_T) 

そやのにオットォたら・・ 
「咲希!予防注射行こうか」(+_+) 

和田獣医さんは、ぺぺお姉ちゃん、奈々、咲希と3代にわたってお世話になってる病院やねん 

“犬(猫)本位制”やから、治療法の選択肢を出して飼い主に判断を委ねはるねん 
それが苦手って言わはる人もあるそうやけど、オットォたちはとことん納得できるんで信頼してるんやて(^o^)

それに、手術や注射の手際のいいこと 
奈々も咲希も避妊手術の痕がゼ~ンゼン残ってないもんね~(^o^)

病院の処置台に乗ったらあっという間に注射完了 
いつもながらの早業 
咲希、全然気が付いてないわ(^o^) 

「ゲッ!こんなにするの!」(^^;)
咲希の皮膚炎治療に薬用シャンプーをセレクトしたら、オットォのシャンプーの数倍も!

薬用シャンプー ここにも“咲希マーク”)

と言うても、2~3000円やし、なんてったって、やっぱり効果が市販のシャンプーとくらべたらね~・・ 

三日後、咲希のお尻がムズムズ 
「“肛門腺絞り”に行こうか」 
 『エ~!おととい、病院行ったとこやん・・・』(-_-) 

カレンダーには病院に行った日の目印を(^o^) 

2~3日の間に2回も病院に 
おまけにシャンプーも・・ 

『ハァ~ァ・・』 
咲希の憂鬱は続く(^^;)・・かな? 

けど、もう大丈夫!
 
復活~~! もっかい投げて~

久しぶりにお日様が顔を覗かせてくれはったし、お尻もスッキリしたし、カイカイもちょっとマシに 
 『オットォ!ジャーキーちょうだい!』 
 『遊ぼ~!』
咲希、復活~~!\(^o^)/

あとは皮膚炎が治ったらカンペキやね(^_^)

コメント


認証コード9500

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional