草庵の「いおり」へようこそ

ン! まさかなぁ・・(^_^) 

ン! まさかなぁ・・(^_^) 

夕方には薄いピンク色に
ドームができて
コットンボール
今年はこれだけ
手作業でやってたらとんでもない時間
綿繰り機



綿の実がはじけて≪コットンボール≫ができてん(^o^) 

オットォは綿を毎年2~3本植えてるんやけど、放ったらかしにしてるから虫害にあったりしてあんまり育たへんねん

けど、綿を育てるのは面白いんやで!(^o^) 

朝に咲いた時のクリーム色が夕方には薄いピンク色に 
オットォはこの可憐さが好きで育ててるねん 
(オットォは見かけによらず≪可憐≫なお花が好きやねん(^_^;)) 

花のあとにはドームができて、だんだんが大きくなってはじけたらコットンボール\(^o^)/

今年も10個ちょっとのコットンボールが採れてん

「あ!こら!咲希!」 
 『ヘヘ~ンだ』 
テーブルの上に置いてたら、咲希が一つ咥えて持って逃げた(^_^;) 

取り返したオットォ、コットンボールから種をはずし始めたわ 

一つの花に3個の綿の房
一つの房の中には5~6粒の種が包まれてるねん 

種には綿がびっしりと絡まって、それの固いこと(*_*) 

「こんなん、どないしてはずしてたんやろ・・ 
  手作業でやってたらとんでもない時間かかるけどなぁ」 

ネットを見たら、最近は綿を育てて織までしてる人が増えてるみたい 

綿繰り機≫・・ 
「へぇ~やっぱりこんなんがあるんや! 先人は凄い!」(^o^) 

「待てよ!・・もしかしたら自作できひんかなぁ・・♪」 

ありゃ!まさかオットォ、本気になったんやろか? 

けど、その前に作るモンがあるらしいわ 
オッカァもまだ知らんみたいやけど(^_^)



*綿繰り機の写真は一宮市尾西歴史民俗資料館所蔵品を個人が撮影されたものです

コメント


認証コード7800

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional