草庵の「いおり」へようこそ

たまには落語も(^_^)

たまには落語も(^_^)


'「落語会のチケット要らないか?って・・」' 
 「はぁ?」 

「誰が出るの? 桂塩鯛! 
  行く~! あの人は巧い!\(^o^)/」 

いきさつはともかく、ひょんなことから落語会のチケットを頂いてん♪(^o^)
 

町おこしの一環として中央市場内の“すし市場”で二月に一度開かれてて 
もう48回にもなるんだって(^_^) 
まちおこし寄席

「咲希ちゃん、ちょっとお留守番しててな」 

夕方のお散歩を済ませて、晩ご飯のカリカリも食べたし 
あとはオットォとボール遊びをして、オットォたちの晩ご飯までひと眠り・・ 
の、予定を立ててた咲希 『エ~~ッ!』(*_*) 

さてさて・・ 
オットォも中央市場の中に入るなんて初めてのこと
ましてや夜やし・・ 
「ここみたい」

ぼちぼちと 京女・落研 女御亭杏笑さん

6時開場 6時半開演 
前座は京都女子大・落研の女御亭杏笑(にょうごてい あんね)さん 
一生懸命に演じてはったわ(^_^)

続いてはお弟子さんの桂鯛蔵さん 
やっぱりプロ! 声の張りからして違うもんやなぁ
 
桂鯛蔵さん

さてさて、お待ちかねの桂塩鯛さん 
あの頃は桂都丸時代でお弟子さんも桂都んぼさん(現四代目・桂 米紫)一人やったのに 
今は三人もいてはるんやて 

噺かたはお師匠さんの桂ざこばさんよりも、その兄弟子の桂枝雀さんに似てて 
さすが!米朝一門 
噺は丁寧やし、ますます“聞ける”わ(^_^)
 
お待ちかね “聞ける”なぁ(^o^)

寄席のあとは一階のお寿司やさんで「いっただっきま~す」(^_^) 

オットォ、何皿かいただいて「もう帰ろうか」 
美味しいんやけど、車で来てるからお酒が呑まれへんかってん 
お店の人が「そりゃツライわねぇ」(^^;) 

帰りにブリのお刺身を買って、お気に入りの備前焼の酒器で日本酒を 
おりこうさんにお留守番してた咲希もお相伴して 
ちょっとご機嫌直ったみたい・・
そのまんま“親子”でオコタに潜ってzzz(^_^) 

咲希の寝言『なぁなぁ、“鯛”のお刺身はないのん?』
おあとがよろしいようで

次回は2月

コメント


認証コード8115

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional