草庵の「いおり」へようこそ

未知との遭遇(^o^)

未知との遭遇(^o^)


「咲希ちゃん、大きな声出してどうしたん?」

「咲希ちゃん、お散歩行くの?」 
 『は~い!♪ あれ?おばちゃん、何してるの?』 

「ウチの子のお家のお掃除してるの」 
 『ふ~ん・・けど、ウチの子ってだ~れ?ラーちゃんのこと?』 

「この子よ」
 
フンフン・・なんやろ?

おばちゃんの手には何やら黒っぽい石のような塊りが
 
 『フンフン・・初めての匂いやなぁ・・なんやろ?』

『な!何、これ!?』 
塊りから頭や手足が出てきてモゾモゾ!
 
な!な!何やこれ! アンタ誰や!

床に置いたら更にニュっと出てきて動き出した! 

『な!な!何やこれ! アンタ誰や!』 

あんまり怖いモンの無い咲希もさすがに後ずさり(^o^) 
『こっち来んといて!』
 
こっち来んといて!

「咲希ちゃん、大きな声出してどうしたん?」
お家の中でお昼寝してたニャン友の“ラーちゃん”が出てきて 
「うるそうて寝られへんやん」<`ヘ´> 

『ラーちゃん、この子知ってる?』 
 「もちろん知ってるよ “かめきち君”ていうねん
   ウチの家族やもん!」(^_^) 

咲希もビックリしたけど、かめきち君もビックリしたみたい 
お家に戻されたら一目散に石の下に・・ 

「も、潜られへん・・」 
そりゃ無理やて 体の方が大きいんやもん(^^;)
 
上から覗き込んだり 横から眺めたり

我に返った咲希 
上から覗き込んだり、横から眺めたり(?_?)(^_^)  

おっかなびっくりやけど興味津々、いつまでもフンフン

「咲希、もう行くよ」
「もうちょっと待って」 

 「咲希ちゃん、甲羅干しの時にまたおいでね」 

この次はツンツン “ETごっこ” できるかな

コメント


認証コード5343

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional