草庵の「いおり」へようこそ

奇跡が起こりました! 

奇跡が起こりました! 


まさか、もう一度抱けるなんて・・

5年前の16年3月4日にオットォの不注意で逃げ出した預かり犬の“クマ君” 
たくさんの方々の援けをお借りしたのですが情報もなくなって3年あまり・・ 
正直、ほぼ諦めていました
 
5年前 咲希・ノエルちゃんとお散歩

ところが、今年の1月29日の夜 
市内北区のSさんという方から一本の電話が・・ 
 『まだ、犬は探しておられますか・・?』 

17年の秋ごろから付近で目撃されている放浪犬がいるという情報 
『ウチの子(なっちゃん)によく似ていて、よく間違われるんです』 

早速お伺いして“なっちゃん”ともご対面 
なるほど、体格も顔つきもよく似てる・・ 

再び時計が動き始めました 

ご近所のワン友君たちからたくさんの情報をいただき 
監視カメラも快く設置させていただきました
 
行動パターンも掴めて

5年前には一度も写ることがなかったのにその夜からヒット 
行動パターンも掴めてきて 
奇しくも5年前に逃げ出したのと同じ3月4日に捕獲機設置 

そして16日の未明に保護成功のメールが! 

昨日、クマ君に会ってきました 

とっても臆病だったクマ君 
大通りを三つも越えて、橋を渡ってあんな遠い所まで・・? 
ビデオに映る姿は余りにも堂々としてるし・・ 
違うんじゃないかなぁ・・(-_-) 

クマ君であってほしいけど 
もし違ってても放浪犬が一匹助かるんやし・・ 
などなど、いろんな思いを巡らせながら高槻の“犬の合宿所”へ 

「クマ君~!」
5年前よりもふっくらしていましたが 
顔つき、仕草、そして肌触りも間違いなくクマ君でした!(^o^)
 
ちょっとふっくら(^_^) 今度こそ幸せになろうね(^_^)

憶えていてくれてたのかどうかは判りませんが
抱っこしたらすぐに震えも治まりました 

まさか本当にもう一度この手で抱きしめられるなんて・・

連日、カメラの点検や捜索していただいたS氏ご夫妻をはじめ 
携わっていただいた諭吉君ママや地域の皆さま方  
5年前と同じく今回もたくさんの方々の繋がりに援けていただきました 

連日、泊まり込みで“その時”を待ち続けてくださったかる子さん 
諦めずに活動し続けてくださったかるちゃん、“犬の合宿所”の岩井さんやスタッフの皆さま方 

軽々しく使うべき言葉ではないと思っていますが 
今は“感謝”という言葉しか浮かびません 
本当にありがとうございました 

そしてクマ君にも 
苦労を掛けたけれど「よく元気で生きていてくれたね」 

情報をいただいたり、ずっと気にかけて下さっていた皆さま方 
ありがとうございました 

自分の不注意で皆さまにご迷惑とご心配をおかけした“罪悪感”が消えることはありませんが 
ずっと心に刺さってた棘は抜くことができました 
クマ君の今後も明るい方向です 

≪地域犬≫のときは“糸ちゃん”と呼ばれてたクマ君 
幸せの糸を自分で手繰りよせたのかもしれません 

本当にありがとうございました

コメント


認証コード3697

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional