草庵の「いおり」へようこそ

泣いて馬謖を切る・・? 

泣いて馬謖を切る・・? 


“希望の星”

「ウ~ン・・ヤバイかも・・」 
桃の木にサルノコシカケに似た白いキノコを見つけたオットォ・・ 

木が弱ってる証しとは聞いてたから取り敢えず除去して 
ご近所さんの≪樹木ドクター≫さんに診断を受けに 

カワラタケだね」 
 「やっぱり・・(-_-) 切らなダメですか?」
「木を腐らす腐朽菌だから、木を残すなら枝ごとバッサリしか」 
 「やっぱり・・」(-_-)
 
枝ごとバッサリしか(-_-)

おととしの“大豊作”のあとの剪定の時期と事後処理のまずさが原因やろなぁ・・(-_-) 

キノコの生えた枝は、3本の太い主枝の1本 
弱った木は“最後のひと花”でいっぱい花や実をつけるそう 
数少ない今年の実はほとんどその枝に付いてるねん(+_+) 

再び「ウ~ン・・」 
収穫の7月まで待つか・・ 
けど、その間にも菌は増殖・・ 

アカン! ここで様子見してたら、どっかの政府のコロナ対策みたいになってしまう 
これでも遅いかもしれんけど、オットォ、外科手術を選択
 
無残に・・ 菌がまわってる・・ 傷口保護

けど、本を正せばオットォの不手際 
伐られなアカンのはオットォの方やわ 

電動ノコでウイ~ン 
哀れ、鈴なりの実が無残に・・(T_T) 

傷心のオットォに更に追い打ちが! 
別の主枝にも別種のキノコらしきものが・・
 
別種のキノコ? カミキリムシやねんて・・(-_-)

菌糸の確認で樹皮を剥がしてみたら・・ 
おが屑みたいな粉末が 

カミキリムシやねんて・・(-_-) 

どこまでやられているのか 
精密検査が必要やけど・・どうなるかなぁ 

しか~し! 
傷心のオットォにも “希望の星” が!
 
初めていっぱい花を サクランボの赤ちゃん(^_^) 紅くなってきたのも♪

初めていっぱい花を咲かせたサクランボ 
だんだんと大きくなって緑から黄色に 
そして紅く色づいてきた 

食べごろになったら無慈悲にかっさらっていくヒヨドリやカラスさん 
オットォ、専守防衛で防鳥ネットをお取り寄せ
 
これで一安心

これで一安心 
オットォの“見て美し、食べて美味しい”お庭造りへの努力(妄想?)は続く(^o^) 

コメント


認証コード4731

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional