草庵の「いおり」へようこそ

もうちょっとかな

もうちょっとかな


復活への狼煙?(^o^)

12月に入ったというのに、オットォの調子がまだ戻らへん・・ 

本もあんまり読もうとしないし、SNSもほとんど・・ 
なかなか動こうとしいひんし 
やり始めても気力が続かず、すぐに疲れるみたい 

ここんとこ寒くなって余計に億劫になってるわ 
やることはいっぱいあるのになぁ(-_-) 

術後の経過は順調と云えば順調なんやけど 
ちょっと気掛かりなこともあって 
先日駆け足で田舎に帰ったときはオッカァも同行 

用心し過ぎかもしれんけど 
なにせオツムの中のことやしねぇ
 
最大6種類も(+_+)

月一の検診、週一の通院、毎食後の服薬・・  
こないだは胃カメラとピロリ菌除去もしてん 

まだお酒のお許しも出てないし 
慣れへん通院で“病院疲れ”やろか?(^^;) 

そやけど、一番の原因は・・ 

コロナ騒動が始まって二年 
お友だちとなかなか集まって遊ばれへん!! 

美味しいモン食べながら、
ワイワイとりとめのないお喋りするのがエエガス抜きと刺激やったのに・・ 

今がストレスのピークかなぁ(>_<) 

しか~し! 
こないだ、クッキーちゃんのオトーサンがカメラを手作りしはってん   
オットォ「おお!これはすごい!」  

''手製シノゴカメラ、名付けて
【 KS45WIDE 2 】完成しました!!''

  • そもそもの発端はFujifilmのワイド版インスタントフィルムのFujifilm Instax Wideフィルム(チェキフィルム)が
    4×5大判カメラで使えるインスタントバックが発売されるという記事を読んで、これは面白そうと思った事でした。
     
    これを今年4月に予約注文していたのが10月末に届いたので、20数年前に作製した手製シノゴカメラで使えるか試してみることにしました・・・。
     ところが残念ながらレンズのフランジバックが合わず使えなかった為、どうしようかと思案の結果
     いっそのこと新たに手製シノゴカメラ2号機を作製してみようかと思い立ちました(^^)v
     
    ということで2号機も1号機のようにホームセンターで板を買ってきて作製しようかと思ったが、
    一升枡をくり抜いて作製すると言う妙案&手抜き案で作製することにしました。
KS45WIDE 2号機

KS45WIDE 2号機
《材料》
・ひのき 一升マス: \2,000-
・三脚クイックリリースプレート
 QRクランプ 1/4-3/8インチ
 アルミニウム合金: \885-
・SmallRig コールドシューマウント
 コールドシューアダプター: \900-
・カメラスマホホルダーセット
 スマートフォン三脚マウント
 ホットシューマウント付き: \1,280-
・水性工芸うるし 45ml 黒: \600-
・大判 フェルト フリーカット
 (3mm厚, ブラック黒): \1,300-
《インスタントバック》
・LomoGraflok 4×5 Instant Back
《レンズ》
・FUJINON SWD 1:5.6 / 65mm

             クッキーちゃんのオトーサンのFB投稿

オットォ、これに刺激を受けたんか、簡単な作りやけど  
かねてより懸案の燻製醤油用のスモーカー作りに着手(^_^)
 
新旧 気密性がどうかなぁ

気温が下がってきて、これまでのスチール缶ではスモークウッドが立ち消えになるので 
木製にして燻煙室もちょっと大きく♪  
底には焚き火用シートを敷いて、蓋の気密性にはシリコンシートを 

すっかり寒くなってガレージでの作業はなかなか捗らへんけど 
「病気になるのはしゃあないけど、病人になったらあかん!」 
オットォ、やっと活動再開の狼煙をあげた!かな? 

「祝杯のお許しが出たら、もっと弾みがつくんやけどなぁ・・」
オットォ、頑張れ~~

コメント


認証コード2241

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional