草庵の「いおり」へようこそ

咲希、オットォに連れまわされる 其の2 鳥取砂丘編

咲希、オットォに連れまわされる 其の2 鳥取砂丘編


こんなんイヤや!

鳥取城をあとに、いよいよ鳥取砂丘へ 

先週の予報では雨ないし曇りだったから砂丘の砂の温度も大丈夫! 
のハズやってんけど、
オットォは台風のコースを変えるくらいの比類なき晴れ男 
カンペキなピーカン(^^;) 

カンペキなピーカン 修学旅行?

コロナの規制も緩和されて、平日とはいえ観光客もそこそこ
砂丘入り口の階段を登り切ったら砂丘と海と青空!(^o^) 

正面には“馬の背”がゆ~ったりと横たわってる 

砂丘と海と青空!(^o^) “馬の背” なんと遠くに見えること(^^;)

昔、むか~し、その昔、オットォは鳥取砂丘に来たことがあるねん
京都に出てきて初めてできたお友だちの“Tオヂチャン”(当時はT君(^o^)

そのTオヂチャンとトコトコ山陰線に乗って珍道中(^o^) 

座席の背板は木製、車体は茶色の今は懐かしい客車 
ほとんど貸し切り状態の汽車の車内 

デッキにぶら下がったり、座席をはずしてみたり、かくれんぼしたり・・ 
ヒンシュクモンの二人っきりのバカ騒ぎ 
見つかったら通報されてるわ(^^;) 
(あ!座席はちゃんと元に戻しておきました)

宿でも笑い転げた翌朝は鳥取砂丘に
 
その節は(^_^)

そこでオットォはコンタクトを落してしもてん(T_T) 
ほぼ諦めかけたその時!

「そこにある!」 
“ラクダのオバチャン”が指さした“風紋”のテッペンにレンズがキラリ! 

オバチャンに感謝しつつ、お次は400㍍先の“馬の背”へ 
わざわざ急斜面の“壁”をかけ登って登頂(^o^) 

ついでに、当然のようにでっかい落書きも
50年前は≪落書き禁止≫の条例はなかったんやて 

半世紀ぶりに見る“馬の背”のなんと遠くに見えること 

「もうあんな元気はないわ」(^^;)
 
before after

さてさて、咲希ちゃんは・・ 
『あ、あづい~~~』 

陽射しもきついし、オッカァが足元の砂をチェック 
「あそこでお弁当にしよう」 
日除けシートの下に床几を並べた休憩所で 
風に吹かれながらお昼ごはん♪ 

駐車場まで帰ってきたら 
『オットォ、ソフトクリームがあるよ』♪ 
咲希の眼がキラリ 
梨のソフトを頂いてカンペキに生き返った~\(^o^)/ 

「さ、帰ろうか」
帰り途は9号線じゃなしに海沿いの道を走るんやて 

はて?・・
『まだ、どっか行くのん?』

コメント


認証コード5609

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional