草庵の「いおり」へようこそ

着々と・・はいかんけど(^_^) 

着々と・・はいかんけど(^_^) 


オットォの≪醤油搾り器≫作り 

ジャッキを使うか、梃子にするか・・ 
搾り方を決めかねてたんやけど、昔ながらの≪キリン棒≫のミニ版でいくことに決定! 

ジャッキの方が簡単そうやけど、手ごろなジャッキがないし・・ 
それに、なんてたって見栄えが! ってことらしいわ(^_^) 
(ドンクサイんやから、ちょっとでも単純な方がええのに・・)オッカァ、ボソッと(^_^;) 

初めて≪木ダボ≫を使って

先日、初めて≪木ダボ≫を使って接合した木枠 

おが屑とボンドを混ぜて隙間やダボ穴を埋めて 
サンダーをかけたり、カンナで削ったりと
いつになく丁寧に(^_^) 

隙間やダボ穴を埋めて、サンダーをかけて

いつも夕方から掛かるんでなかなか進捗が見られへんけど 

搾り器の底に敷くスノコはできたし、梃子と梃子受けの支柱もホゾを切って
パーツがだんだん揃ってきた(^o^)

これまでよりはマシやけど、技術がないから細部はやっぱりなぁ・・(^_^;) 

けど、今回はいつもの「マ、ええか」をなかなか言わへん 

手直しを加えたりして、こりゃ本気でちょっとでもエエモン作ろうと思ってるみたいやわ(^o^) 

パーツがだんだん揃ってきた(^o^)

このあとには一番の問題が控えてるねん 

底板にお醤油の流れる溝をどうやって削るか? 
垂れ防止は? 

搾り器はお豆腐を造る時の豆乳搾りにもにも使うんやて
あぁ見えても、オットォ色々考えてるみたいやねんで(^_^;) 

けど、毎晩9時に寝てるのは 
頭使いすぎて疲れてるんやのうて、単純に朝が早いだけ  
「猛烈な睡魔と酔魔が襲ってくる!」そうやわ(^_^;) 

さてさて、完成はいつの日か

コメント


認証コード8831

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional