草庵の「いおり」へようこそ

≪フェニックス計画≫その ①

≪フェニックス計画≫その ①


どこまで甦るか・・?

『納戸が片付くまで持って帰ってきたらアカンで!』 

キツ~くお達しを受けてたオットォやのに
持って帰ってきてた・・ 
それも“見つからんように”車のトランクに積んだまま 

けど、いつまでも隠し通せないのがオットォの哀しい性(^^;) 
3日ほどしたらこっそりて降ろしてきて・・ 
ンで、何やらゴソゴソ 

問題の“ブツ”は古~い≪無水鍋≫
 
“吉岡鍋”

外側は煤や焦げ付きで真っ黒 
中も汚れや錆が付いてるし、腐食した所に窪みができてる(*_*; 

けど、まだまだ現役! 
オットォは田舎に帰ったときはこのお鍋でも調理しててん
 
半世紀以上の汚れ(*_*) 穴はあいてないけど(*_*)

便利なこともあるけど 
オットォには特別な思い入れがあるんやて 

件のお鍋は“吉岡鍋”といって、富山県高岡市の北陸アルミ社の製品 

オットォが小っちゃい頃、このお鍋の頒布会があったんやけど 
オットォのオカーサンはお金が無うて買われへんかってんて 
そしたら、ナント近所の方がお金を出してくれはったんやそう 

オカーサンは今でもそのお家に感謝してんのやて 

ず~っと後になってその話を聞いたオットォは 
心秘かにこのお鍋を大切にしてるねん 

ちょっとでもきれいにしようと 
田舎に帰ったときにゴシゴシとやってはみてたんやけど 
片手間ではとてもとても・・ 

そこでっ!オットォの≪吉岡鍋フェニックス計画≫スタート!(^o^)
 
“新兵器”の布ヤスリ アルミにはNGなんやけど 砥石に交換して

半世紀以上の汚れや傷 
何層にも重なった煤や焦げ付き 
正しい手入れをしてないからハンパやないわ 

まずは、一番手強そうな外側から

オットォの用意したのは、クレンザーにスチールウールに電動ブラシ・・ 
おおよそアルミ製品には絶対NGの道具ばかり 

けど、もともと被膜コーティングはしてないし肉厚があるので大丈夫かと・・(^^;) 

とは言え、ブラシでは傷が付き過ぎるから軸付き砥石に換えてみたり 
耐水ヤスリにスポンジヤスリ、“新兵器”の布ヤスリ・・ 
オットォ、手持ちの知識と道具を総動員(^^;) 

オットォの“根気次第”

二日がかりのゴシゴシ 
甲斐あって焦げ付きは随分と取れてきたんやけどまだまだ 
けど、新しい傷も無数にできてるし、これ以上は無理なんかなぁ・・  

まだ内側と蓋の研磨が控えてるし 
どこで妥協するか・・ 

あとはオットォの“根気次第”やね 
オッカァの冷たい視線にもめげず 
オットォのミッションは続く・・

コメント


認証コード7491

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional